1. ホーム
  2. 企業の皆様へ

eyecatch

企業の皆様へ

当社では、企業様と就労活動中の障がい者とのマッチングを支援する、企業連帯プロジェクトを実施しています。

企業様にも雇用リスクが少ない様々なご提案させていただいています。
また、雇用後のサポートも充実しているためご安心いただいております。

障がい者雇用をお考えの企業様、
障がい者雇用でお悩みの企業様にご満足いただける雇用を目指しております。
障がい者雇用について興味はあるけど、どうやってよいかわからない。
助成金についてどんなものがあるのか、どう申請すればよいのかわからない。
以前雇ったことはあるけれど、どうもうまくいかなかった。
うちの会社では難しいのでは?

☎電話でのお問合せ/0545-30-7575
メールでのお問合せ/master@dream-village.net
ぜひご相談させてくださいませ。

人材の確保

作業の請負をさせて下さい。

施設外就労先として、企業内で請負作業をすることができます。
1ユニット 障がい者3名~6名+職員1名~2名

メリット

 企業様:

 

 障がい者:

 

デメリット

 企業様:

 

就職に向けた様々な制度
事業主委託訓練

(浜松テクノカレッジHPより抜粋)
技術専門校(県の機関で、沼津・清水・浜松にあります)が行っている制度で、就業意欲のある求職者を、求人の意向を持つ事業主が受け入れて行う、OJT方式の職業訓練です。
訓練修了後は訓練先事業主に雇用されることを前提としますので、就労のミスマッチが解消でき、よりよい就労関係を築くことができます。
企業様のメリット:あなたの会社で求める人材を、3か月の訓練を通じて育てることができます。 また、訓練生の社会保険料や賃金を支払う必要がなく、さらに県から訓練委託料が支払われます。
条件:雇用保険適用事業主で、訓練修了後、訓練生を雇用可能な企業であること。職種は問いません。

求職障がい者にとっては、即戦力となる現場実習が行え、訓練修了後は訓練事業所へ雇用されることを目標とします。受講料は無料となっていて、さらに訓練手当が支給されます。

これらの制度を弊社の利用しながら行うことができるため、ジョブコーチとしての支援に入らせていただく事ができ、企業様と障がい者間のマッチングの手助けをすることができます。

 

トライアル雇用(障がい者試行雇用制度)

ハローワークの制度 (厚生労働省HPより抜粋)
業務遂行に当たっての適性や能力などを見極め、その後の常用雇用への移行や雇用のきっかけとするため、職業経験、技能、知識等により就職が困難な求職者を試行的に短期間雇用(原則3か月)する場合に奨励金が支給されます。

ハローワークの職業紹介により、事業主と対象障がい者との間で3ヶ月間を限度とした有期雇用契約を締結します。トライアル雇用者1人につき、月4万円を奨励金として事業主に対して支給されます。

 

トライアル雇用(障がい者試行雇用制度)

ジョブコーチ事業 (第一号職場適応援助事業)
ジョブコーチ(第一号職場適応援助者)を配置し、障害のある方の就労支援を実施しております。障害のある人の就職や職場定着、事業主の雇い入れや雇用継続のためにジョブコーチが職場に出向いて、障害特性に応じた支援を行います。 ジョブコーチ支援は雇用前の職場実習、雇用と同時、雇用後の3つの段階で活用できます。

障害者が一般の職場で働くことを実現するため、障害者と企業の双方を支援します。

主な内容:①障害のある人のアセスメント、②職場開拓、③職場のアセスメント、④ジョブマッチングの調整、⑤仕事の支援、⑥ナチュラルサポートの形成、⑦フェイディング、⑧フォローアップ

 

就労者のご相談

現在雇用されている障がい者のご相談

現在、企業様で雇用されている障がい者のかたの問題解決のご相談を受けております。
「コミュニケーションをもっと上手に行える様になりたい。」「職場で充実した業務を行ってもらうにはごうしたらいいの?」など、現在かかえている悩みや希望を解決するためのご相談をお受けしております。

企業で働く問題を抱えるスタッフのご相談

様々な人たちが働く社会・企業において、働く人々の考えや性格は様々です。
その中で、普通に生活している人々の中にも「コミュニケーション障害」を抱える人たちの数は決して少なくあえりません。
適正なモノサシが無いため、周りの人たちは元より、本人自身に自覚があまり無い場合がほとんどです。
そうした問題を抱える企業様のご相談を受け、良きアドバイスを行う事ができたらと考えております。
より良い職場環境作りの手助けになれたら嬉しいです。

 

ページの上に戻る